ライトハウス・アカデミー

完全マンツーマンの個別指導でお子様・保護者様の勉強の問題を解決!横浜市港南区(上大岡)、川崎、六本木

無料体験授業 資料請求
 
資料請求
お問い合わせ
お問い合わせ
  講師採用

体験授業0円

 

高校卒業資格取得できます

 

塾長の熱い想い

 

安田塾長からご挨拶

 

人気コースのご紹介
 

推薦入学対策コース

≫高校受験生はコチラ
≫大学受験生はコチラ

過去の定期テストを学校ごとに塾で保管。
内心対策がバッチリできます。

魔法の学習手帳

 

なんでも習えるオンラインスクール はっぴぃ

 

講師募集

 

作文・小論文
通信添削

 

小学生英語

 

【受験情報リンク】

大学受験

高校受験

中学受験

【学校情報リンク】

文科省関連

ライトハウスアカデミーはあしなが育英会の活動に賛同し、協賛しております

 

HOME»  川崎市立・川崎高校附属中の受検対策

川崎市立・川崎高校附属中の受検対策

個別専門塾 合計者NO.1のライトハウスアカデミーで合格を目指そう

 

川崎高校付属中 絶対!合格プラン

 

●毎年、続々と合格! 次はお子様の番です!

 

川崎日航ホテル教室は本年度も、個別指導専門塾としては、一教室当たりの公立中高一貫校の合格者数がNo.1。

過去4年連続No.1となりました!

(※受検生が15名前後で毎年7~8名ほど合格しています。大手個別指導塾でも、多くとも1教室あたり1~2名が標準です。)

ただ、これは当塾にとっては通過点にすぎません。

目指すは全員合格のみ!

ちなみに、当塾は入塾テストをしていないので、ごく普通の子供がやってきます。

(場合によっては他塾で断られた生徒もきます。そんな生徒達も、今年、合格しています!)

当塾は生徒を選ぶようなことはしていません。

どんな生徒でも、公立中高一貫校は超えられない壁ではないからです!

夢に向かって一緒に「合格への航海」に出港しませんか。

今さらではなく、今からがんばりませんか。

いつだって、お子様はこれからです。

そして、安心してください。

どんな嵐の中でも、お子様を無事に合格の港に案内するのがライトハウス(訳:灯台)の使命です。

 

●合格した生徒さんから、メッセージを頂いております。

 一部、ご紹介します。次はあなたのお子様の番です!
 

合格者メッセージ


合格者メッセージ

 

■川崎高校附属中受検 最新情報

 

2018/07/04 NEW
夏休みに向けての壮行会開催のご案内


夏休み直前です!夏休みに向けての生徒壮行会を開催します!
夏を制するものは受験を制す。 一秒一秒を大切に過ごしてほしいと思っています。
生徒達のやる気アップのために、志望校別、学年別にわけて壮行会を開催します!
夏休みの過ごし方、効率的な勉強の仕方について塾生たちに伝えていきます。
また、授業とは別枠で、合格に必要な夏休みの課題も出します!
説明会の最後には、生徒さん一人ひとりに、志望校合格に向けた決意表明も行ってもらいます!

・夏休みの目標設定 ・効率的な学習方法
・塾からの夏休みの課題を配布
・夏休みの課題図書
・志望校合格に向けた決意表明を各自発表

●公立中高一貫校受検生(小6)の壮行会日程 
7月16日(月) 14:00~15:00 上大岡教室・川崎日航ホテル教室・六本木教室
7月20日(金) 17:00~18:00 上大岡教室
7月21日(土) 14:00~15:00 川崎日航ホテル教室・六本木教室
7月21日(土) 17:00~18:00 川崎日航ホテル教室・六本木教室

※高校受験生(中3)の壮行会のご案内は教室ごとに行わせていただきます。    
 
また私立中受検、大学受験は志望校が多岐にわたるので、生徒との個別面談にて対応させていただきます。

 

2018/07/01 NEW
公立中高一貫校 各校の説明会等の日程情報

夏休み前後から各校、学校説明会を開催しています。
ご存じのことと思われますが、念のため下記の通りお伝え申し上げます。
漏れなくご確認の上、お子様とご一緒に参加なされることをお勧めします。
やはり百聞は一見にしかず。
目標となる学校を肌で感じることにより、きっとお子様の心にさらなる闘志がみなぎってくると思います。
詳細は各校のHP(ホームページ)にてご確認ください。

1.川崎市立川崎高等学校附属中
http://www.kaw-s.ed.jp/jh-school/
①学校説明会:7/21(土)、7/22(日) 対象:原則小5、小6の児童と保護者
  申し込み:HPより事前申し込み必要
②学校公開日:9/26(水)、9/27(木)、9/28(金) 対象:特に制限無し。
  申し込み:事前申し込み不要
③神無際(文化祭):10/14(日)  対象:特に制限無し。 申し込み:事前申し込み不要
④志願説明会:11/3(土) 対象:特に制限無し。 申し込み:事前申し込み不要。
※原則受検生及びその保護者となっているが他の人も入場可能。

2.横浜市立南高等学校附属中
http://www.edu.city.yokohama.jp/sch/hs/minami/jhs/
①学校説明会:7/26(木)、7/28(土) 対象:小6の児童と保護者 申し込み:事前申し込み不要。
②南高祭:9/8(土) 、9/9(日) 対象:特に制限無し。 申し込み:事前申し込み不要。
③学校施設見学会及び公開授業:9/15(土)
 ※詳細は未定。学校HPにて後日発表。
④志願説明会11/4(日) 対象:特に制限無し。
 ※原則受検生及びその保護者となっているが他の人も入場可能。
   申し込み:事前申し込み不要。
⑤公開授業研究会:11/16(金) 対象:特に制限無し。
   申し込み:HPより用紙を入手し、郵送またはFAX。

3.横浜市立サイエンスフロンティア高等学校附属中
http://www.edu.city.yokohama.lg.jp/school/jhs/hs-sf/index.cfm/1,html
①学校説明会:7/28(土)、7/29(日) 本校(ホール)
対象:小学生の児童と保護者
申し込み:7/13日(金)9時から7/26日(木)までホームページで受付。
②蒼煌祭(文化祭):9/15(土)、9/20(日) 対象:特に制限無し。 申し込み:事前申し込み不要


 

2018/02/12
●合格おめでとう 続報  

本日、塾生の一人が繰り上げ合格!  
本当におめでとうございます!  
現時点で川崎日航ホテル教室だけで、8名が合格。  
受検した塾生の半数近くが合格しました。     
通常の個別指導塾の場合、1教場での合格者はたいていゼロ。  
良くても、1~2名。    
ライトハウスの生徒達がどれほど頑張ったかがわかる結果となりました!  
当塾は入塾テストも実施していません。  
ごく普通の生徒さんが入塾し、頑張って合格を勝ち取っているんです。  
それがまた、嬉しいですね。  
引き続き、繰り上げ合格の連絡を待っています。



2018/02/10

●合格おめでとう 

時点で塾生7名の合格が判明しています。  
まだ、繰り上げ合格が期待できます。  
引き続き、合格を信じて連絡を待っています。  合
格した保護者様、生徒達、本当におめでとうございます!
ただ、受かった生徒も、落ちた生徒も、勝負はこれから。  
今日は、ともに泣いて、明日から立ち上がって、新しい目標にむかって歩き始めよう。  
自分を信じてがんばる人には、成長しかない。  
個別専門塾としては、合格者、本年もNo.1だったと思います。  
引き続き、ライトハウスは全員合格を目指して、保護者様、生徒達と一緒に頑張っていきます。   



2018/02/03   
●合格得点予想    


試験が終了しました。お疲れ様です。  
さて、以下で今年度の川崎高校附属中の合格点予想をどこよりも早く行っています!!  
国語の作文の問題、面接での質問は、ほぼ完ぺきにライトハウス
が予想し、生徒に実践してきた内容でした。  
塾生のほとんどは、余裕をもって答えられていたようです。  
試験帰りに教室に立ちよってくれたほとんどの生徒が特に適性検査Ⅰでは高得点の感触を得ていました。  
※情報は随時更新、変更していきますのでご了承ください。  
合格予想得点は以下の通り。


   適性検査Ⅰ



 適性検査Ⅱ





 

適性検査Ⅰ
 
レベルは例年なみ。
ただ、論説文のテーマは、バカの一つ覚えのコミュニケーションや読書に関する出題ではなかった。
しかし、もっとも出題されそうなテーマではあった。
塾生は作文の練習ではもちろん、討論の特訓でも何度もやっているテーマなので、ほとんどの生徒は十分書けたようだ。
特に夏以降に塾生にやってもらっている塾オリジナルの読解練習法は、今年のテーマでは極めて有効に作用した。
その方法とは、松下幸之助の「道をひらく」を使用した、毎日1テーマ(本の2ページ分)で行う三つの練習。
具体的には①文章構造の分解(主題、引用、具体例、体験、対比、類比)、②要約、③主題を確実にあぶりだした上で、その主題について自分の体験にもとづいた意見を書く作文練習。
今年の論説文のテーマは、この「道をひらく」の中の頻出のテーマだったので、きちんとやってきた塾生には楽勝だったようだ。

また、資料・データ読み取り問題は、例年より、やや簡易であった。
ただ(3)だけは解答に時間がかかる問題であった。
時間が無い場合は、こういった問題を飛ばすことも合格への近道。
普段の学習から、すぐ解ける問題、時間をかければ解ける問題、飛ばすべき問題。
この三つを常に意識して練習を行ってきたので、塾生は自分の力に応じて、臨機応変に対応できていた。
 
適性検査Ⅱ
 
適性検査Ⅱは全体的に難化の印象です。、
基本的な出題も多いですが、算数、理科ともに知識を含め問われているのはこれまでと異なる印象です。
特に算数は推理的な思考力を問われる問題が出題されています。
資料やグラフから読み取れるところも多いので、普段から規則性や推測に関する問題を練習している塾生なら問題ないかと思います。
理科もこれまで多く出題されてきた生物分野ではなく、物理分野からの出題です。
計算というよりは記述が多く、磁石、磁力の基本性質をきちんと理解していれば正解できていると思います。
時間配分を考え得意な問題から解けたかが重要だと思います。
 
面接・討論
 
レベルは例年なみ。
ただし、年々、集団討論の時間配分が増えて、今年はグループ面接の時間をやや上回った。
質問内容はイトハウスでは、何度も練習してきたテーマが問われた。
塾生は余裕をもって答えられた。
 
●新小6へのアドバイス
これから受検する、新小6は、今の時点で一度、問題を解いておいてください。
今、自分に何が足りないかを、まず自分自身で感じてください。
今は、チンプンカンプンでかまいません。
また、時間のわりに、問題量が多いので、事前に出題される作文の模範解答を現小6はつくっておきました。
そうすることで、他の計算問題や分析問題に多くの時間をさくことができ、余裕をもって試験に臨めます。
現小6の塾生は今年出題された問題の模範解答(予想が的中)をほぼ全員が何度も何度も書きなおしならが、完成していました。
塾から出される課題をしっかりとやれば合格に近づきます。
必ず課題はやってください。
また正月特訓、日曜教室開放等(無料)に参加し、塾から出される予想作文テーマで何度も何度も練習することや、討論の練習に参加することが合格の必須条件となります。
今日から君も受検生!
気を引き締めて取り組んでいきましょう。
 
実際の問題及び解答は下記をクリックしてご覧ください。


  適性検査Ⅰ 問題及び解答例

  適性検査Ⅱ 問題及び解答例



 

 2018/01/28 

 

 ●受検前の面接・討論特訓(無料)

 
 1月は、毎週日曜日、小6、中3、高3の受験生(受検生)のみ、自習用に教室を開放してきました。
 特に川崎高校附属中の受検生は、夜の7時半までは、自習及び質問受付(出題予想作文の添削等)タイム。
 そして、7時半~9時位までは毎回テーマを決めて、グループ面接、グル―プ討論の練習。
 
 皆、見違えるように上達してきました。
 自分を信じて、ラスト1週間がんばってください。
 
  


 

 

 2017/12/02

 

 ●正月特訓のご案内 

 
 ごちゃごちゃだった知識が一つにまとまってくるころ。そうなると一気に得点は跳ね上がります。
 あきらめないものには、幸運の女神が微笑ます。

 さて、恒例の正月特訓を実施します。
 対象は小6限定!

 2017年1月1日13:00~17:00  面接・討論特訓
 2017年1月2日13:00~17:00  理系・作文特訓



 来年度の年度適性検査で予想される問題で、実践練習を行い合格を確かなものにします。
 内部生は原則、参加してください!

 なお、外部生を2名のみ受け付けます。
 外部生の授業料は各30,000円(税別)となります。両日受講する場合は計50,000円(税別)となります。

 お電話でお問い合わせください。
 尚、昨年は、特訓で実施した内容や予想問題が、ほぼそのまま、多く出題されました。
 (作文、面接は完全的中。)

 特訓担当:安田塾長  野原副塾長

 

  2017/12/01

  ●無料面接特訓のご案内 NEW

 
 塾生には秋以降、無料面接特訓を実施しております。
 いきなり、面接をしても、何も答えられないので、まず、しっかりと将来の構想を練ってもらいます。
 どんな人生を歩みたいのか。

 人にどんな貢献をできる自分でありたいのか。

 その結果としての、志望理由。

 また、2冊のオリジナル小冊子をくばり、面接のツボをマスターしてもらっています。
 その小冊子をヒントに、面接で問われる分野について、まず、紙にしっかりと書いてもらっています。
 何度も、何度も、対話や質問を繰り返しながら、深め、書き直してもらっています。
 書き直すたびに、どんどん、いい内容になっていきます。

 紙ベースでの面接練習に、合格した生徒は、次に実際の面接練習に進みます。

 12月は、12月7日(木)および12月14日(木)に、面接練習を行います。
 実際の適性検査のように、グループで討論もしてもらいます。

 また、1月には、受験生のみ、毎週日曜日に教室開放を行います(予定)。
 (自習や、質問に対応します。)
 自習は夜までやってもらい、その後、面接、討論の練習を昨年同様、実施する予定です。

 ここまでは、全て無料で実施させて頂いております。
 (※正月特訓のみ有料)
 

 

     さあ、ここから、ライトハウスが提供する、絶対合格プランの詳細を説明します!


川崎高校付属中 絶対!合格プラン

 

ライトハウスアカデミーは個別指導塾の中では、川崎高校附属中の合格者は最多となっております。

なぜか?

それは、ライトハウスが公立中高一貫校が大好きだから(笑)

当塾は、ごくごく普通の生徒さんが公立中高一貫校合格を目指して入塾しています。

とういうか、ヘタするとクラスでも下の方も!!

また他塾の「公立中高一貫校コース」にあるように、入塾テストを実施して、受かりそうな生徒だけ入塾させるようなこともしていません。

だって、塾の役目は、「できない子」を「できる子」にすることだから。

 

え~。 でも。 うちの子にはやっぱり、無理じゃないの?

 

そんなことはありませんよ。

お母様が「無理」って思っていたら、受かるものも、受からなくなってしまいます。

当塾では「普通」の子供達も、合格を勝ち取っています!

それは「普通の子」を合格に導く、ワザを当塾はもっているから。

でも、たしかに 簡単には受かるほど甘いものでは、ありません。

いろんな我慢も必要です。

楽しいゲームも、マンガもほどほどにしなくちゃダメです。

 

受験はがまんだけなの・・・・ なんかやだな

 

そんなお子様の気持ちはわかります(笑) でも、受検は我慢や忍耐だけではありません。

ゲームとか、マンガは楽しいですね。でも、そういった「大人がつくったもの」よりもっと夢中になれるものが、

受検を通して、お子様に少しずつ見えてくるんです。

もっともっと「ワクワクできるもの」が見えてくるんです。

何かわかりますか? 

それは「自分自身」。

そう、受検とは「自分にワクワクすること」。昨日までできなかったことが、今日できるようになっている。

そんな学びの中で、子供達の未来は無限に広がっていきます。

毎日、自分の未来にワクワク! それが公立中高一貫校の受検の一番、楽しいところです。

 

当塾の取り組みを少しご紹介しますね。

 

入塾したばかりの生徒の様子

 

だいたいこんな感じです。

でも、だいじょうぶ!

「受検」とは、合格とういう「宝箱」を手に入れる冒険のようなもの。

その冒険の中、子供達は様々な武器を手に入れて進化していきます。

完全マンツーマンのライトハウスは、川崎高校附属中の入試を知り尽くしたプロ講師がその冒険の道案内を務めます。 

お子様の合格 に必要なスキルをピンポイントで伝えていきます。

 

合格へのファーストステップ

 

●心の中に奇跡をおこす!

 

合格するには順番があります。

最初の一歩は、「心の中」を変えていくこと。

お子様も、保護者様も、まず「考え方」から変えてもらいますよ(笑)

心の中で「できない」って思っている限り、なかなか合格にはたどり着けません。

「うちの子は頭が良くないから、できない。」

「私は、自信ないから無理。」

○○がないから、できない。

今日、今から、そんなことを言うのやめにしませんか。


世の中には、困難に挑む人と、困難に挑まない人の2種類しかいません。

挑まない人の「今」はずっと、いつまでも変わらずに「今まま」。

挑む人の「今」は、明日には、「今とは違う明日」に変わっていきます。

あなたはどちらですか。

お子様はどちらの人間になってほしいですか。


困難を乗り越える方法は、いたって単純。

それは、できるようになるまで、やること!


できるまでやるには、どうすればいいか。

それは、できるという強い心を持つこと。

不可能を可能にすると決めこと。


まず、心の中で奇跡を起こす。


それが最初のステップ!

塾に入ったその日から、泣き言は禁止です。

泣き言は、寝言で言ってもらいます(笑)

生徒の合格だけを考えている先生と、保護者に合格を届けることだけを考えているライトハウスのスタッフが

どんな状況のお子様だろうと、合格まで道案内を務めます。

合格までの航路をしっかりと照らすのが、私たち、ライトハウス(灯台)の役目です。

 

合格へのセカンドステップ

 

心の中の奇跡を現実の世界にする

 

お子様に必要なことだけを、最速最短の方法で実行していきます。テキストもお子様の合格に必要なものだけを
個別に見極め、やってもらいます。無駄な時間を極限まで減らします。

集団塾や中途半端な個別(先生一人に生徒2~3人の塾)では、真似のできない完全マンツーマンのライトハウス
だからこそできる。そんなことがたくさんあります。お子様に最適なカリキュラムを作成し実行していきます。

 

★まず基本レベルのテキスト 偏差値30からスタート! 偏差値50近くまで伸ばします!

 

基本レベルのテキスト

 

★ライトハウスのオリジナル教材 「毎日作文」 
なんと毎日、作文の練習ができちゃう!これは力がつきます!

 

書くことに抵抗がなくなります。そして書くことによって頭の中が整理され、しっかりしたと自分の意見がだせる子供に成長します。

 

オリジナル教材 「毎日作文」

 

 

※「毎日作文」は希望者のみ実施しています!

できれば強制参加にしたい・・・・・

 

★次は偏差値50の生徒を偏差値55まで上げるテキスト 期間:4ケ月間

 

偏差値50の生徒を偏差値55まで上げるテキスト

この段階で、、ほぼ合格に必要な力はついています。さあ、次で最後の仕上げ!

 

合格へのラストステップ

 

★次は偏差値60まであげるテキスト  期間:4ケ月間

 

1.過去問徹底演習

 

過去問徹底演習

過去問は徹底的にやりこみます。 受検する学校はもちろん、傾向の近い他校も解きます!

 

★2.朝日新聞 今解き教室 & 電子ドリル

 

朝日新聞とコラボした教材。最新の天声人語、社説、時事解説を題材にしたドリルで応用力を高めます!

このドリルは毎週、実施されます。

文章読解力、要約力、記述力がかなり上達します。

よかったら、保護者様もご一緒にどうぞ(^.^)

 

朝日新聞 今解き教室 & 電子ドリル

 

3.面接対策もシッカリ&バッチリ!

 

面接対策もシッカリ&バッチリ!

 

当塾は全国の先生方も注目する面接対策を行っております。KADOKAWAより好評発売中の「高校入試面接の
オキテ55」やオリジナルテキストを使用しています。公立中高一貫校はレベルが高いので高校入試レベルの
面接対策をやっておけば安心。更に無料面接特訓、元旦特訓等で集団面接練習、討論練習を徹底的に行います。

 

4.さら作文練習もバッチリ!

 

川崎高校附属中は、作文を含む、国語の記述問題で合否が決まります。

適性検査に対応できるよう、授業はもちろん、授業外でも塾長が作文指導。公立中高一貫校の過去問添削や、その生徒に必要な

問題をピックアップし、生徒をバックアップ。より合格を確かなものにしていきます。

※授業外の指導は無料で実施。

また、ただ作文を書くだけでは上達しません。どこをどうすれば、何点上がるのか。
明確に子供達に伝えていきます。

一人一人に、独自観点表に基づいた成績表も渡して個別にアドバイス。

短期間に大幅に改善していきます。

尚、当塾より近々、KADOKAWAより「作文・小論文の本」も全国発売されます。

どこの塾よりも点のとれる指導には自信あり

 

生徒の答案と評価シートの束

(生徒の答案と評価シートの束)

 

オリジナルテキスト全100P

(オリジナルテキスト全100P)

 

評価シート

(評価シート)

 

更に、川崎高校附属中にまとを絞ったオリジナルテキストでも指導を行っています!

 

5.二種類の模擬試験で「合格」を更に引き寄せます!

 

◆一つ目:公立中高一貫に特化した模擬試験

公立中高一貫校の中でも最大の母集団の公中検模試を採用。

塾の中で受けることも、外部会場(私立中等)を選んで受けることも自由にできます。


総合順位、合否判定はもちろん、川崎高校附属中を受検する人の中での順位も明確にでます。

やるべき課題が模試をうけることにより、よりハッキリ見えてきます。

 

二種類の模擬試験

 

二種類の模擬試験

 

◆二つ目:小学校の基礎学力の状況を判断する模試

基礎学力がどれくらいついてのかわかります。

公立中高一貫校の合格には、基礎学力の定着が条件です。

 

小学校の基礎学力の状況を判断する模試

 

家庭学習もフォローします! 担当の先生といつでも面談できます!

 

ご家庭での学習も塾でフォローします。塾の宿題をやるのは当然ですね。

でも、それ以外に、日々、基礎訓練の時間も大切です。

ご家庭で何をすればいいか、塾で丁寧にご案内します!

また塾の自習スペースも自由にお使いいただけます。その際、質問にも、スタッフが可能な限り対応します。

また、授業の進め方、家庭での学習の仕方について、担当の先生と保護者様で面談の機会を設けております。

 

家庭学習用教材

家庭学習用教材の一例。塾でご用意します。

 

合格するための塾の更なる取組!

 

塾内組織として「公立中高一貫校対策委員会」を設置。

最新の動向の情報共有や、講師のスキルアップに日々取り組んでいます。

また、時に子供達に探究することの楽しさを知って

欲しくて科学者でもある先生が理科実験教室等も実施。

 

公立中高一貫校対策会議

 

理科実験教室の一コマ

 

さて、当塾の取り組みを簡単にご説明しました。いかがでしょうか。

きっと、保護者様のお気持ちはこんな感じでは・・・・

 

うちの子 受かってくれるかも

 

そう、その思いが大事なんです。まず保護者様がお子様を信じることが最初の一歩。

 

そして入塾当初はこんな感じの子供達

 

でも数ヶ月経つと 入塾して数ヶ月の生徒の様子

 

でも数ヶ月経つと 入塾して数ヶ月の生徒の様子

 

そう。

受からない。間に合わない。

そんなのただの思い込みです。

一緒に合格を信じて、頑張ってみませんか。

だって、いつだって、無限の可能性だけが真実なんです。

あなたと、お子様を合格の港までご案内します。

それが私たち、ライトハウス(灯台)の喜びです。

 

Light Academy

 

※生徒さんが多くて、教室が非常に混んできています。

ご検討中の方は、満席になる前に無料体験授業をお勧めします!

 

0120-125-011 14:00~21:00 (日曜定休)

 

資料のご請求、各種お申込み・お問い合わせは 0120-125-011

 





最新情報

 

2017/10/20
合格ガイドの送付

塾生には下記の内容の資料を10月末に配布。合格に役立ててください。

 

●事務手続きのポイント

1.願書配布~受検当日までの注意事項

2.担任の先生への調査書の依頼について

3.願書の写真の注意点

4.受検時の服装



●川崎高校附属中マル秘情報

1.採点者の実情

2.川崎高校附属中の適正検査の採点者はどんな人? 何を重視する人?

3.川崎高校附属中が求める作文の型・算数の力

4.在校生への指導内容から透けてみえてくる、受検性に求めている国語能力

5.平成30年度の予想問題



●川崎高校附属中が面接・集団討論で見ているポイント

1.川崎高校附属中が在校生に実施している評価基準

2.一番きてほしい生徒の姿の理解


※付録として「2018年 受検スケジュール」を添付しました。
志願受付~入学手続き等のすべての予定、また併願校をうける場合はその受験スケージュールを一目で確認できるスケジュール。
   ぜひ、ご活用ください。


 

 

 

2017/08/12
●小6塾生対象:秋季特訓のご案内 

 

公立中高一貫校受検 小6対象

 
 

「受からない」を「受かる」に変える秋季特訓
 

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 二日間で「24時間」の学習量!

 偏差値を一気に「5」上げる!

 圧倒的なやる気UP

 「受からない」を「受かる」に変える特訓です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

下記の日程で秋季特訓を行います。

秋季特訓で、甘さを完全に捨ててもらいます。

ライトハウスの最高講師陣が集結し、生徒たちにあるべき勉強量、スピード、合格の作戦を叩き込みます。

一日12時間、二日間合計で24時間の秋季特訓を行います。

 

会場:TCプラザ2F

※横浜駅より徒歩4~5分程度
 

日程: 923日(土)8452100

             924日(日)8452100

 

食事:昼食は会場すぐそばのコンビニか、お弁当持参。

           夕食は簡易なものですが、塾が用意します。

 

料金:内部生20,000円(税別)

料金:外部生40,000円(税別)

 

講師:安田塾長、野原副塾長、久保田室長(上大岡教室室長)

定員:20名程度


※夕食代は上記料金に含まれております。

※原則、二日間の参加が望ましいのですが、どうしても、一日だけのご参加を希望の場合、料金は半額で承ります。

今回の特訓は、上大岡教室、川崎日航ホテル教室、外部生のコラボ企画です。
すぐに定員になることも予想されますので、ご希望の方は、お早めにお申し込みください。
昨夜募集を開始して、現時点で、すでに14名のお申し込みがありました。



詳細はコチラをクリック 


 

 

 

 

2017/07/06
●小6塾生対象:「夏休みに向けての生徒説明会のご案内」

 

ご案内は個別に差し上げます。下記のいずれかにご参加ください。
 

7月17日(月)午後2:00~3:00
7月21日(金)午後2:00~3:00または午後5:00~6:00


 
夏休みの過ごし方、そして塾からのスペシャル課題をプレゼント。

四つの課題(算数スパイラル式毎日練習課題、公立中高一貫校適性検査問題集&全国制覇マップ、推薦図書、特別課題)。

その取り組み方法も伝えます!

この夏、塾生の合言葉は

 Go crazy (ゴー・クレイジー)  まだ見ぬ自分に出会う夏!


狂ったように学ぶ夏にしてもらいます。
そして、今まで出会ったことのない、最高の自分になってもらいます!

 

 

2017/07/05  
●公立中高一貫校 各校の説明会等の日程情報

≪公立中高一貫校 各校の説明会等の日程情報≫
 
夏休み前後から各校、学校説明会を開催しています。
ご存じのことと思われますが、念のため下記の通りお伝え申し上げます。
漏れなくご確認の上、お子様とご一緒に参加なされることをお勧めします。
 
やはり百聞は一見にしかず。
目標となる学校を肌で感じることにより、きっとお子様の心にさらなる闘志がみなぎってくると思います。
詳細は各校のHP(ホームページ)にてご確認ください。
 
 
1.市立川崎高校附属中
http://www.kaw-s.ed.jp/jh-school/
 
①学校説明会:7/22(土)、7/23(日)
場所:本校
対象:原則小5、小6の児童と保護者
申し込み:HPより事前申し込み必要
※まだの方は、お早めにお申し込みください。
 かなり申し込みが多いようです。
 
②神無祭(文化祭):10/15(日)
対象:特に制限無し。
申し込み:事前申し込み不要
 
③入学志願者説明会11/4(土)
場所:川崎市教育文化会館 大ホール
対象:小6の児童と保護者
申し込み:事前申し込み不要
※当日は志願に必要な「受検案内」が配布されます。
 
④学校公開日 日程未定
毎年、9月下旬に平日、三日間、学校公開日があります。
今年は現時点で、日程等未定。
実施するとすれば、詳細は、学校HPに公開されます。
昨年は、9/26~9/28に行われました。
対象:特に制限無し
申し込み:事前申し込み不要
 
 
2.横浜南高校附属中
http://www.edu.city.yokohama.lg.jp/school/jhs/hs-minami/index.cfm/18,0,84,192,html
 
①学校説明会:7/23(日) 関内ホール
       7/25(火) 南公会堂
対象:原則小6の児童と保護者
申し込み:事前申し込み不要
 
②南高祭:9/9(土) 、9/10(日)
対象:特に制限無し
申し込み:事前申し込み不要
 
③学校施設見学会・授業公開:9/16(土)
※詳細は未定。学校HPにて後日発表。
 
④志願説明会11/5(日)
場所:本校
対象:特に制限無し
※原則受検生及びその保護者となっているが他の人も入場可能。
申し込み:事前申し込み不要
 
 
3.サイフロ附属中
http://www.edu.city.yokohama.lg.jp/school/jhs/hs-sf/index.cfm/1,html
 
①学校説明会:平成29年7月29日(土) 関内ホール
            7月30日(日) 学校(ホール)
対象:小学生(主に6年生)とその保護者
申し込み:7月11日(火)からウェブで開始する予定です。
 
②蒼煌祭(文化祭)
平成29年9月16日(土) 10:00~15:30
      9月17日(日)  9:30~15:00
対象:特に制限無し
申し込み:事前申し込み不要
 

 

 

2017/02/03
平成29年度川崎高校附属中 合格予想得点


 発表!! 平成29年度 川崎高校附属中合格点予想得点!!


試験が終わりました。

お疲れ様でした。

国語の作文の問題、面接での質問は、ほぼ完ぺきにライトハウスが予想し、生徒に実践してきた内容でした。

塾生のほとんどは、余裕をもって答えられていたようです。

さて、以下で今年度の川崎高校附属中の合格点予想をどこよりも早く行っています!!


(概要)

およそ65%程度だと確実に合格ライン。
ただ、50%以上取れていると合格の可能性があるので、希望をもって発表を待ちましょう。

適性検査Ⅰ

レベルは例年なみ!

ただ、昨年は国語問題と計算だったが、今年は国語問題と、図表を分析し、読み取る内容へと質の変化がみられる。

ただ、難問は少なく、いかに短時間で効率的に処理していけるかが合否を分ける問題。

こういった傾向を事前に読んで、ライトハウスの場合は、予想作文テーマが5問選定し、事前に生徒に模範解答

を作らせていた。そのうちの一問が今回、ほぼ完全に一致した。

また接続詞の選択問題も、正月特訓で実施した内容と完全に一致。
解法を塾生なら確実にマスターしていた。


適性検査Ⅱ

全体的に難化。
問題1は自身に関する問題。文章や資料をしっかり読み取れば解けるが、災害時に「大変役立つこと」は方法や理由をわかりやすく説明する必要がある。  

問題2は平面図形と合同を利用した問題。 平面の問題に見せかけて、面を展開して考える必要がある。
この展開の想像ができなければ難しい。
問題全体の記述、作図に容易なものと難易なものが混同しており、途中でやる気をそがれると取れる問題も取れない。  

問題3は楽譜を使った算数と理科の生物の問題。 後半の蝶々に関する問題は記述が多く、対照実験について考えなければならない。
前後の会話から解答は想像できるが、何を聞かれているのかしっかりと把握して考える必要がある。  
これまでのように数式の基礎理解に関する問題がなくなったのは大きな違いだと感じる。
 

面接・討論

質問内容は例年なみ。

2問出題された。

各自が集団面接形式で、各問題に答えたのち、同じテーマで討論に移る形式。

形式に変化がみられた。

質問内容は2問とも、ライトハウスでは、何度も練習してきたテーマが問われた。

ほぼ完ぺきに予想が的中!

塾生は2問とも、余裕をもって答えられた。


新小6へのアドバイス

これから受検する、新小6は、今の時点で一度、問題を解いておいてください。
今、自分に何が足りないかを、まず自分自身で感じてください。
今は、チンプンカンプンでかまいません。


また、時間のわりに、問題量が多いので、事前に出題される作文の模範解答を現小6はつくっておきました。
そうすることで、他の計算問題や分析問題に多くの時間をさくことができ、余裕をもって試験に臨めます。

現小6の塾生は今年出題された問題の模範解答(予想が的中)をほぼ全員が何度も何度も書きなおしならが、完成していました。
また、討論で今回だされて問題も二問とも、事前予想が的中しました。

塾から出される課題をしっかりとやれば合格に近づきます。
必ず課題はやってください。

また正月特訓、日曜教室開放等(無料)に参加し、塾から出される予想作文テーマで何度も何度も練習することや、討論の練習に参加することが合格の必須条件となります。

今日から君も受検生!
気を引き締めて取り組んでいきましょう。

※情報は随時更新、変更していきますのでご了承ください。


下記は確実な合格予想得点。

 



 








実際の問題及び解答は下記をクリックしてご覧ください。

 適性検査Ⅰ 問題及び解答例

 適性検査Ⅱ 問題及び解答例
 


 

 

2017/01/29
●最後の日曜日

 

小6受験生のみ、1月の日曜日は、教室を自習用に開放してきました。

毎週日曜日は、次か次へと生徒たちが塾長やスタッフのもとに、作文をもってきたり、質問をしにきます。

予想問題もたくさん練習してもらっています。

何度も何度もやり直し。

未熟だった生徒たちも、すばらしい仕上がりになってきています。

また、夜になると毎週日曜は、討論、面接の練習が自然発生的に始まります。

みんな、すっごく上達してきています。

子供たちと、今日(1/29)も、特訓は続きます。

最後の最後まで、合格だけを信じて、生徒たちは真剣に全力で頑張っています。

がんばれ、みんな!

 

 

2016/02/03 

平成28年度川崎高校附属中 合格予想得点

 

発表!! 平成28年度 川崎高校附属中合格点予想得点!!

試験が終わりました。

お疲れ様でした。

以下で今年度の川崎高校附属中の合格点予想をどこよりも早く行っています!!

尚、文字化け対応のため、表以外はローマ数字ではなく、適性検査1、2という算用数字で表記をしております。

(概要)

適性検査1は易化(例年より簡単に)!

ただ問題量自体は増えた。

難問への適応力ではなく、いかに短時間で効率的に処理していけるかが合否を分ける問題。



適性検査2は例年なみ。

算数はじゃっかん難化。

その分、理科が易化。

合格ラインはお400点満点中よそ278点。70%程度の得点が合格ラインです。
 

 

(詳細)

適性検査1について

適性検査1の作文はもっとも予想された出題で極めて簡易。

過去2年、コミュニケーション関連がでていたので、今回は読書がでることは予想通り。

また、昨年のような文章を書く上での、きつい条件が撤去されているので、非常に高得点を取りやすい内容だった。

一つ一つの問題はどれも、かなり簡易。ほんの数問が標準レベル。難問はゼロ。

ただ、問題量が多くなっていたので、処理能力が遅い子にとっては致命傷になっただろう。

適性検査1でも、計算が多数出題されていた。

こういった作業に近い問題をいかに短時間でかたづけ、しっかりと読解問題や作文に取り組めたかた合否をわけた。


適性検査に2ついて

算数は昨年に引き続き、算数は全体的に標準的なものであった。

パズル的に簡単に解ける。

ただ算数の記述問題が多く、短時間で相手にわかりやすく説明・記述する能力が求められる問題が多かった。

塾生には徹底的に鍛えてきがた、一部の問題は一般的な小学生には難しかったと思われる。

「ただ公式をあてはめて解く」といったやり方では通用しない。

式の意味をきちんと理解していないと、なぜそうやった答えを導くのかの記述ができない。

塾としては、予想通りの問題であったといえる。

一方、理科は毎年、難しい問題が出題されているが、今年は標準的な問題が多く難問はなかった。

塾生には、想定の範囲内の問題だったと思う。

普段力をためす問といえるだろう。

これから受検する、新小6、新小5は、普段から、「なぜだろう」と日常の様々なことに対して疑問に思い、調べる態度が必要。



情報は随時更新、変更していきますのでご了承ください。

(2月3日の第一報は担当者レベルで作成、今後、塾全体としての分析を行っていきます。)

 

平成28年度川崎高校附属中 合格予想得点

 

平成28年度川崎高校附属中 合格予想得点

 

最後の追い込みの時期。塾ができるすべてのことを実施していきます。

面接を知り尽くしたスタッフによる無料面接対策を実施。

また、公立中高一貫の国語の問題を知り尽くした塾長より、小6の受験生にマンツーマンで無料作文指導も行って

います。目指すは満点のみ。実は、国語は短期間でもっとも伸ばしやすい科目!

残り2ケ月半。まだまだできることがあります。

この時期、受検に迷っている方も、「今さら」ではなく「今から」がんばりましょう!

何かを始めるのに遅すぎることはありません。


●外部生特別特訓のご案内

短期特訓として外部生の方に、塾長がマンツーマンで作文、面接指導を行います。

通常、塾長の指導は1時間5万円を頂いております。塾長の指導料については「授業料について」を参照下さい。


限定3名のみ特別料金でご招待します。

詳細は川崎教室(044-230-5515受付14:00~)までお問合せ下さい。


90分2回の授業料→50,000円(通常は150,000円)

90分3回の授業料→70,000円(通常は225,000円)

尚、上記の授業料に別途消費税がかかります。




公立中高一貫校は国立大学を狙う生徒が大多数。また実際に3~4割の生徒は国立大に進学。

授業料で考えると、私立中、私立高、私立大に進学した場合に比べ700~800万の節約になります。

作文は数回の指導でコツをつかみ、50点くらいの生徒が80点~90点になることが多い科目です。

算数、理科で失点しても、合格の可能性がかなり高まります。

※塾生には、数回、塾長が無料で指導を行っておりますのでご安心ください。

 

 

2015/9/5

■平成27年度 川崎高校附属中 学校公開のご案内


日時:平成27年9月28日(月)・29日(火)・30日(水)
対象:生徒の学年の指定等、特にありません。どなたでも、参加可能です。

<受付 12:45~ >
授業公開 13:05~13:50(5校時)
授業公開 14:00~14:45(6校時)

※授業公開の間に希望者には施設案内を実施。下記の通り、3回に分けて時間設定。

施設見学 第1回 13:00~
      第2回 13:20~
      第3回 13:40~

【注意事項】
・申し込みは必要ありません。受付時間内に直接お越しください。
・上履きは必要ありません。
・本校は、来客用の駐車・駐輪スペースはありません。自家用車・自転車での来校はご遠慮ください。

 

2015/4/20

■相模原・平塚の第一期生の合格実績からみえてくる
川崎高校附属中のこれから

 

1.川崎高校附属中 第一期生の大学合格予想

2009年、神奈川県初の公立中高一貫校として開校した相模原中等教育学校、そして平塚中等教育学校。

この春、ついに第一期生の大学受験の合格実績が明らかになりました。

その結果はもはや「相模原ショック」ともいえるべき状況。

驚愕の結果がでています。相模原の場合

東大5名、東工大7名、早稲田43名、慶応20名。

 

ここで一旦、相模原、平塚の中等教育学校の合格可能性偏差値をみてみましょう。

 

首都圏模試 合格可能性80%偏差値

 

上記をみてみると、およそ相模原と平塚の中間位が、川崎の位置であることが浮かびあがってきます。

そうすると、相模原、平塚の合格実績、偏差値から考えて、川崎高校附属中がどれくらいの合格実績をだせるのかが見えてきます。

 

●川崎高校附属中 第一期生の大学合格予想

 

川崎高校附属中 第一期生の大学合格予想

 

川崎高校附属中 第一期生の大学合格予想

 

2.驚くべきコストパフォーマンス

 

●6年間で確実に伸ばす教育

相模原、平塚の合格実績をひもといていくと、二つのコストパフォーマンスが優れていることが見えてきます。

一つは、入り口(入学時偏差値)に比べて、出口(大学の進学実績)が異常にいいということです。


どのくらい、相模原、平塚が生徒を引き上げているのか、いくつかの私立中と対比させて見ていきましょう。

また、それを川崎の予想合格者とも比べてみてみましょう。

登場してもらうのは、相模原の偏差値は58、平塚は54の偏差値に近い、香蘭女子と成城学園。

それからはるかに上位に位置する逗子開成と横浜雙葉。

 

首都圏模試 合格可能性80%偏差値

次に実際の今年度の合格実績をみてみましょう。

 

今年度の合格実績

 

今年度の合格実績

 

ここから見えてくるのは、入学時に同レベルだった私立中(成城学園や香蘭)を6年後の大学受験の段階で、相模原が大差で上回っている事実。

そして、川崎高校附属中(予想)の検討ぶり。

神奈川の公立中高一貫校のすさまじさを感じます。

 

●国公立大を目指す風土

もう一つ、コスパに優れているのは、国公立大学への入学者が異常にいいという点。

ここは親として見過ごせない、ポイント。

相模原、平塚レベルの偏差値なら、成城学園、香蘭のように国公立への合格者は2、3名が普通。

しかし、相模原55名、平塚40名。異常ともいえるほど、ハイパフォーマンス。

これだけ国公立が受かるのは、通常、偏差値63~64の逗子開成や横浜雙葉レベルの実績。

川崎高校附属中(予想)も、国公立の合格実績に関しては、横浜雙葉を上回っています。

逗子開成が卒業生が多く、浪人生も含んだ数値だと考えると、川崎高校附属中(予想)は逗子開成にも負けていません。


相模原レベルの偏差値の私立中高(成城学園、香蘭)では、もし、大学まで国公立なら、私立中、私立高、私立大へ進学する場合より800万程、授業料が浮きます。

この費用は、一般の家庭には大きい。

この費用で、子供に留学させたり、家族で何度も海外旅行を楽しめます。

学校全体として、普通に国公立を目指す雰囲気は、親としては本当にありがたいですね。

 

3.近隣の公立高校を圧倒!

あくまで予想値ですが、もし、この通りの合格実績が出るなら近隣の公立高を圧倒します。

川崎高校附属中の予想値と、リアルな今年の近隣公立高校の実績をくらべてみましょう。

 

近隣の公立高校を圧倒!

 

近隣の公立高校を圧倒!

 

※上記実績の数値は浪人生の合格者含む。

現在の市立川崎高校の進学実績はがっかりなものがあります。

この数値をみて、川崎高校附属中受検をしないご家庭も多いと思います。

しかし、現在の市立川崎高校と、市立川崎高校附属中の大学合格実績は、上記のとおり天と地の差がつくことが予想されます。

近隣の新城高校を圧倒。川崎No.1公立高校の多摩高校をも、上位大学では圧倒することが予想されます。

(上記の数値、一部、多摩高が勝っているように見えますが、人数を考えたら、合格率では、完全に多摩高は完敗しています。)



以上が、川崎高校附属中の未来です。

これの流れに乗りたい方は、いますぐ当塾の体験授業にお申し込み下さい。

 

2015/2/11

2年連続で個別指導専門塾として川崎No.1の合格者数を達成!(本年度5名)


ただこの結果に満足していません。

来年度は全員合格を目指してスタッフ一同、日々、努力しているところです。

 もっともっと学んで、一人でも多くの子供達を合格に導いてあげたく思います。

※当塾は入塾テストをしておりません。先着順で受け付けています。

初めはどこにでもいる勉強大っ嫌いな生徒が入塾して受検に臨んで、合格を勝ち取っています。

そういった意味では、生徒達、よく頑張ったと思います。

 

2015/2/3

平成27年度川崎高校附属中適性検査問題分析&合格予想ライン


適性検査終了!お疲れ様でした。

さて、問題を実際に解いてみて、川崎高校附属中、なかなかやるなーって言うのが、素直な感想。


(総論)

いろいろ変えてきました。

国語では2題の長文を出してきました。

おまけに小学生に池上彰のウイットが通じるかどうかもためしてきた!

おもしろすぎる設問。

国語の出題者、おそるべし!


算数の出題傾向もガラッとかえてきました。

せっせと速さや比の問題をやっていた生徒の裏をかく問題。


理科はあいかわらず、論理が通じない問題。

設問の条件に答えがない。国語の論理が通じない問題。

論理力を磨いている生徒には、まるで落とし穴のような問題。

理科の先生、独特の世界感をつかまないと太刀打ちできない問題。


そして面接の方式も大きく変えてきました!

ちょっとや、そっとの練習では太刀打ちできない内容。

でも、受検生はこんなことで、へこたれてはいられない。


一見、難問の理科の問題も論理力の精度を相手(問題)によってかえればいいだけの話し。

面接だって、どう変えてこようが、本質は一緒。


要は、柔軟さを、川崎高校附属中は我々にもとめているだけのこと。

正体がわかれば、おそれるに足らず!


適性検査は、川崎高校附属中から受検生への挑戦状!

堂々と受けてたちましょう。


そして返り討ちにしちゃいましょう!


さて、今回の合格予想ラインは7割程度。他の首都圏の公立中高一貫校より平易な問題が多い。

そのため合格ラインは他の公立中高一貫校の5~6割ラインより高くなる。

全体として、第一期の前年より、良問に近づいている。

ただし設問の中に、問題を解く為の十分な条件を見出しづらい難問(というより単に解きづらい問題)も

散見された。こいった問題に時間を取られない柔軟な姿勢が合否を分けただろう。

(※特に理科の問題でこの手の怪奇な難問が多かった。)


また、国語の出題が、前年の長文1題から、2題への変更があった。驚いた受検生も多かったと思う。

この長文2題のパターンは難関の公立中高一貫校に多いパターン。ものによっては大学受験レベルの

力がないと、手も足もでない場合が多い。二つの文の共通点、異質な点を抽出して要約し、更に自分の

体験をその中に織り交ぜて、筆者の意見に対する小論を書く。

相当な練習を積まなければ書けないからだ。だから二つの長文を見たとき、ぎょっとした!

しかし、今回の川崎附属中の問題は、長文2題ではあるが、二つの文がでているだけで、その二つの文

に共通する部分や、異質の部分の吟味は必要のない問題だった。

びっくりしたが、要求されている内容はきわめて標準的な問題だった。


繰り返しになるが、難問、奇問にどうじない心と、時間配分の戦略が合否をわける結果となっただろう。

個別の問題の合格ラインは下記参照。

 

川崎高校附属中 平成27年度 年度適性検査 合格予想

 

※上記表の思考力(論理)と思考力(作業)と思考力(読解)の区別。

作業→出されたデータや条件をもとに解答を導く作業が中心のもの。深い思考力は必要ない。

論理→深い論理力・推理力・思考力が必要とされる問題。

読解→特に国語の読解問題。読解力が必要な問題。

 

 

●平成27年度川崎高校附属中 入試問題及び解答

問題と解答のリンクは下記をクリックしてご参照ください。

 

適性検査1 (問題・解答用紙)

 

適性検査2 (問題・解答用紙)

 

適性検査1・2 解答

 

無料体験授業のご案内  

行動が他の人より、一日早ければ、その分、合格の可能性が増します。

行動を起こす人だけが夢を叶ます。

一歩、歩き始めたその瞬間、その時まで漠然とした「夢」だったものが、達成すべき「目標」に変わります。

あなたとお子様のその一歩を私たちが全力で応援します。

尚、年々、当塾は満席になる時期が早まっております。   

今年は、当塾の作文・本の全国出版、また横浜サイエンスフロンティアの受検希望者による生徒増により 

いつまで新規生徒を受け入れられるかわかりません。いますぐ、体験授業だけでも受けてみませんか。

また当塾は、成績による入塾制限はしておりません。

むしろ、「今一つ伸び悩んでいる生徒」を伸ばすことに生きがいを感じている塾です。



フリーダイヤル : 0120-125-011

受付 : 月~土 14:00~21:00

 

2015/1/15

平成27年度の川崎高校附属中入試の志願者数が発表されました。

志願者数593名 倍率4.9倍 (定員120名)

これはラッキーな数字。当塾の生徒には全員合格してほしいと思います。

また、これなら現小5、小4の生徒にもチャンスがいっぱいです。

ぜひチャレンジして下さい!

 

尚、下記は、受検直前の作文課題の答案と採点表

 

作文課題の答案と採点表

 

 

作文には正解があります。今、生徒達は作文の正解を学んでいます。

当塾では、観点を16項目にまとめ、どの観点が何点なのか。

どこをどうすれば、何点あがるのか。そんなことも学んで成長を加速させています。

作文は短期間でぶっちぎりの1位を狙える。そんな科目です。

 

2015/1/6

今年もライトハウスから、たくさんの子供達が川崎高校附属中に挑戦します!

少し前まで、圏外だった子供達も最後の模試では、半数位が合格圏に突入。

油断は禁物ですが、偏差値が大きく伸びた子供達がたくさんいてビックリです。

本当に頑張ってくれています。

まだ合格圏に届いていない生徒達にも、まだまだチャンスはあります。

偏差値の10位は、一か月で伸びる生徒もたくさんいます。

1月1日には、恒例の元旦特訓(面接・作文練習)を実施。すご~くがんばってたね(^.^)

 

1月1日正月特訓の一場面

1月1日正月特訓の一場面

 

 

ちなみに(株)KADOKAWAさんから出版されたライトハウスの本。

タイトルは高校入試面接となっていますが、実は川崎高校附属中にもぴったりの内容。

「ちょっと大人びた感覚の生徒が合格しやすい」 by 高橋校長(横浜の公立中高一貫の横浜南高校附属中)

ですので、ぜひ読んでみて下さい。

 

◆本の購入はコチラから→  高校入試面接のオキテ55

アマゾン(高校受験案内部門)でベストセラー1位を長期間継続中!    

また来年(平成28年)は更にライトハウスから「大差で合格する作文・小論文の書き方」が 全国発売されます。

答えが一つの理系科目は指導しやすいので、そこそこ教えられる塾はあります。

しかし個別で答えが決まっていない国語、作文をしっかり教えられる塾は ほとんどありません。

ライトハウスなら理系科目はもちろん、面接も作文も国語も全国トップレベルの授業を受けられ大差で合格を狙えます。

ぜひ、この機会に体験授業を受けてみてはいかがですか。

入試が終わる時期の今だけは、大人気の先生に担任してもらえるチャンスです(^.^)

(本の発売にともない例年より早い時期に入塾制限がかかってしまうかもしれません。)

 

■川崎高校附属中入試のワンポイントアドバイス

1.受験票の写真

受験票に使う写真は写真屋で撮る!貼り付けは一ミリの誤差もなく平行に!

面接官は受験生本人と同じくらい、写真に印象が引っ張られます。

また安い写真はどうしても背景にでます。高い写真はきちっとして見えます。

写真を通して、保護者の本気度、家庭環境も透けて見えてくるのです。

写真を撮る時は、やや明るめの服装で、口角を上げる。

取る瞬間に目に力を入れると、良く映ります。


2.健康管理

R-1ヨーグルトを毎日とる。

インフルにかかりづらくなります。感染率はおよそ十分の一に低下。

かかったとしても、ワクチンを活性化して直りが早くなります。

免疫全般には納豆にポン酢がお勧め。

(納豆は腸の善玉菌そのもの。ポン酢は善玉菌のエサ。)


3.直前の勉強方法

実際の過去問演習が大切。

銀本(公立中高一貫校適性検査問題集全国版)の中から傾向の近い過去問を選ぶ。

その中で、問題に使う時間感覚を身に着ける。

更にできれば、問題を見た瞬間に問題を分類する。

 ・解ける問題

 ・時間をかければ解ける問題

 ・解けるかどうか微妙な問題


手が止まる時間が長いほど落ちます。

解けない問題はあとに回す。

その感覚を過去問を解く中で身につけていく。

※注意点

川崎高校附属中をはじめ全国の公立中の入試問題の傾向は大きく変わってきています。

知識暗記型の問題はほぼ皆無に。思考力を使う科目横断的(例:社と算の融合問題)

な問題が顕著に増えています。

理由は私立中高連盟からのクレームが主因。
ポイントは、古い銀本ではなく、直近の最新の銀本の過去問で練習すること!

 


 

 

●昨年度の川崎高校附属中 合格者の声を一部抜粋してご紹介します。
今年はあなたのお子様の番です。

 

川崎高校附属中 合格者の声

 

川崎高校附属中 合格者の声

 

 

◆NEWS

 

2014/9/26 NEW


●川崎高校附属中に学校訪問!

子供達の笑顔が輝いていました。

こんな素敵な学校へ行けたら、子供達の6年間がピカピカになりそう。

来年も一人でも多く合格させたい! 心に闘志と責任を感じた一日でした。

詳細はコチラから

 


 

2014/4/11

●合格者の声の一部をアップしました。上記ご参照下さい。

来年はあなたのお子様の番です!

 


 

2014/3/1 NEW

その後、追加合格者もでました!

大人数の合格と言わないまでも、個別指導系の塾の中では最多の合格者となった。

さあ、来年はあなたのお子様の番です。

いますぐ、当塾の体験授業を受講してご検討下さい。

例年、夏頃から非常に混雑し、入会をお断りすることが多くなっております。お早目にご検討下さい。

川崎では間違いなく、川崎高校附属中学合格に近い塾です!

来年は全員合格と狙っていきます!

 


 

2014/2/4

●平成26年度 市立川崎高校附属中の適性検査の分析速報及び合格者予想得点

詳細はコチラから

 


 

2014/2/3

●平成26年度 市立川崎高校附属中の適性検査問題及び解答

 適性検査1 問題    適性検査1 解答用紙  

 適性検査2 問題    適性検査2 解答用紙

 適性検査1及び適正検査2の解答

 


 

2014/2/3

入試当日

ついに入試。

子供たちを最後に見送った。(到着が遅れて全員には声をかけられなかった・・・・・・)

みんな元気に受験会場へと向かっていった。

がんばれー。

そしてお疲れ様。

 

受験会場となった橘高校

受験会場となった橘高校

 


 

2014/1//12

面接特訓 & 作文特訓 


元旦早々、小6の受験生に集まってもらって特訓を行った。

面接の基本から応用まで、長時間にわたる練習で身につけてもらった。

他の受検生とは頭ひとつ抜ける数々の技術を学んでもらった。

面接でアピールすべきをたくさん、学んだ。

 ・三つのあいさつの使い分け

 ・座っているだけで面接官にヤル気をアピールする座り方

 ・集団面接で他の受検生と差がつく振る舞い

 ・志望理由でアピールすべきこと

 ・小学校の出来事で何を面接官に伝えるか

ハイレベルの内容を生徒達は着実に消化した。また生徒同士でお互い模擬面接。そして自己反省と他者評価にさらされながら、長時間の練習をこなした。この特訓が終わるころには、参加者全員、レベルが一気に上がった。

また、同時作文練習を実施。川崎高校附属中が求める作文は何かを理解してもらう。さらに、出題される可能性の高い題材で出題。全員がおどろくべきスピードでも課題をこなした。普段の練習の成果だ。

めざせ、全員合格!

 

面接特訓 & 作文特訓

       

 

※ライトハウスアカデミーでは、川崎高校附属中の受検生には、面接のプロコーチのスタッフ(高木)が無料にて個別特訓も行っている。上記写真は、元旦に行われた塾長による面接特訓の一コマ。

 


 

2013/9/9
公立中高一貫校の試験の練習の一貫!? 

最近、教室のカベには謎の物体が少しずつ増えてきている。

これは、公立中高一貫校を狙っている生徒にやってもらっている課題。

作文と同時に、思考力を高めるためにいろいろ工夫してもらっています。

おまけに一目に触れるため、中途半端なものは子供なりに嫌なようで、しっかりと仕上げてきています。

 

公立中高一貫校の試験の練習の一貫!?

 

2013年5月25日 

予想問題(出題例)を掲載


川崎市教育委員会が発表している出題例をアップしました。これは説明会に参加した方のみ配布された資料です。現在、川崎市教育委員会も、他の塾も掲載していないようですので、ご興味のある方はご参照ください。合格するためには、まず敵を知る必要があります。この出題例こそ最初に確認すべき、受検の核となるものです。

受検を考えている方でも、まだ見ていない方は、必ず下記よりご確認ください。

川崎高校附属中受検 川崎市発表の出題例はコチラをクリック

 

2013年5月16日  

公開模試(公中検模試) 上位を当塾が独占


先日実施された公立中高一貫校の模擬試験において市立川崎高校附属中の志望者の中で、ライトハウスの生徒が1位、2位をはじめ上位を独占(2月模試及び4月模試の結果)。川崎高校附属中の合格者が多数、ライトハウスで独占されることが予想されます。

※公中検模試は、公立中高一貫校の模試の中で日本最大の母集団の模試です。

模試の結果は小6の川崎日航ホテル教室、在籍の生徒達の模試の結果です。

 

2013年2月23日

ライトハウスならここまで作文は伸びる!


合否を分ける「皆が苦手にしている作文」

その作文、ライトハウスならここまで伸びた!

それも短期間に!  証明画像掲載!!

驚きの結果はコチラをクリック

 


 

平成26年4月に川崎に公立中高一貫校が誕生しました。

 

1.市立川崎川崎高校附属中の受検情報

●定員:120名 (3クラス編成・各クラス40名)

●選考方法:「作文を含めた適性検査」「面接」「調査書」によって入学者を決定する。

●配点:適性検査:面接:調査書=7:2:1

 

2.どの位、大学進学は期待できるのか?

公立中高一貫校の大学受験結果には、一つの特徴があるように思われます。まず、もともと地域のトップ高校だったところが公立中高一貫校に指定さしれても、「大学実績の結果は、指定される前と大差がない」こと。

1996年に公立中高一貫校に指定され、今年初の卒業生を出した都内の公立中高一貫校の2012年度の入試結果を見てみましょう。小石川高校、そして両国高校はもともと都立の名門校。公立御三家と呼ばれている学校でもあります。

■2012年度大学受験結果(上段の赤い数値は2012年度の結果。下段の数値は2010年度の実績)

 

学校名 (入学時偏差値) 東大 京大 その他
国公立
早稲田 慶応 上智 青山 明治 立教 東京 理科 中央、法政
学習院
小石川 62 4
2
1
0
11
16
39
36
11
5
13
9
6
7
28
41
18
24
22
26
32
49
両国 60 3
1
0
0
18
26
40
31
8
16
9
8
9
7
44
39
39
19
35
44
38
57

※上記表の入学時偏差値とは、中学の偏差値(四谷80%合格偏差値)。

 


どうです?

公立中高一貫校になる前と後で、それほど変化はないですよね。

小石川、両国はもともと名門校。偏差値も四谷で60越え。半端な数値じゃないです。その割に、大学受験時の結果は正直、期待はずれ。名門のおごりがでたかもしれません。

でも、もう一つ気になるデータをみてみましょう。

小石川や、両国のようなもともとのトップ校ではなく、もともと二番手校だった高校の大学受験結果もみてみましょう。

1996年に公立中高一貫校になって今年初めて卒業生をだした。桜修館と九段の結果です。

■2012年度大学受験結果 (上段の赤い数値は2012年度の結果。下段の数値は2010年度の実績)

 

学校名 (入学時偏差値) 東大 京大 その他
国公立
早稲田 慶応 上智 青山 明治 立教 東京 理科 中央、法政
学習院
桜修館 55 4
0
0
0
18
1
51
10
12
6
15
0
20
5
31
13
18
8
13
3
33
26
九段 55 0
0
0
0
9
0
17
0
4
1
5
2
9
8
14
5
8
4
12
1
18
12

 

これは見事な変化と言っていいのでは。また、昨年、一歩早く第一期の卒業生を出して一躍世間の注目を集めた白鴎高校は上記学校(桜修館や九段)よりさらに格下の学校でした。その学校はこれまで一人も受かったことのない東大合格を昨年、一躍5名だして世間の注目を集めました。

以上のことを分析すると一つの仮説が導き出されます。どうやら母体校がある程度、低いほど大きな変化が起こっている。

であれば、東大どころか、早稲田、慶応や青山、明治クラスもほぼ合格者ゼロの市立川崎は大きな変化が期待されるかもしれません。


私(塾長)の推測では、市立川崎は、確実なところでは、川崎区、幸区の中ではトップの公立高校の新城高校を簡単にぶち抜くと考えています。

ただ市立川崎が狙っているのはそんなレベルではありません。川崎を代表する高校、つまり川崎での公立トップを狙っています。もちろん学校側は堂々とは野心を語りません。ただ腹の底は、横浜の公立中高一貫校なんかには絶対負けたくない。できれば、東京の公立中高一貫高の御三家レベルを虎視眈々と狙っているはずです。

つまり、新城なんかのレベルを超えて、多摩高校を抜くことを虎視眈々と狙っていることでしょう。川崎じゅうからトップレベルの教員を集めています。高校も近いうちに進学重点校に指定されることでしょう。指定されると更に柔軟なカリキュラム(私立のような超先取り学習も許され、予算も大幅にアップするため、教員増や予備校との提携も可能になり、超進学高へのスパイラルが完成してきます。

「だとしたら、そんな学校へ入れるの?」 「そんな学校へ行ってうちの子はついていけるの?」

心配になりますね。

ちょっと一緒に考えてみましょう。

 

●そんな学校へ入れるの?

横浜や東京都は、公立中高一貫校になる学校は、もともとがその地域でトップ校(悪くても2番手校)が指定されています。そういった学校は進学校としての歴史もあり、一定の評価を地域の保護者から得ています。つまり、私立中学を狙うような保護者からも熱いまなざしで見られています。事実、今年開校した横浜市の公立中高一貫校(横浜南)の場合であれば、神奈川トップの私立(栄光、横浜双葉、フェリス等)との併願が数多くみられました。結果、合格偏差値が大幅に押し上げられています。

しかし、ラッキーなことに川崎市立高校の地域の保護者の評判は、非常にかんばしくない。さすがに、トップレベルで年に数人程度が日大レベルでは、私立の併願にはちょっとためらってしまいます。受験エリート軍団は、まじめな進学先として、川崎市立を選ぶことは、あまり多くないでしょう。ここにチャンスが生まれます。

おそらく、倍率は10倍越えは固いところ。でも、受けにくる軍団は、他の公立中高一貫校と比べて、相当に偏差値は落ちます。大半が少しの練習で、「受かればラッキー」くらいの気持ちで受けにきます。キチンと対策をすれば、圧倒的な実力差で、相手を蹴散らすように合格を勝ち取ることは、それほど難しいことではありません。川崎の公立中高一貫校は、ちょっとおいしいです。

 

●入ってからついていける?

この学校。学校側が考えている入学者のレベルの期待値は最初から低めです。でも、狙いは最終的には、東大、慶応、早稲田。ですから、中学3年間は、他(横浜や東京都)の公立中高一貫校や私立との差を埋めるため、徹底的に基礎にこだわった授業を展開する予定です。この戦略は正しい。東大や慶応を狙うのであれば、受験テクニックではなく、徹底的な基礎力、地頭の良さをつくる必要があることをわかっている。そして、他のトップ校とは、入ってくる子供のレベルがまったく違うことを認めた上でのカリキュラム構成を行っている。

結局言いたいことは、この戦略の学校なら、任せて安心。もともとそれほど優秀な子は入ってこない。入ってからついていけないど余計な心配はしなくていい。そして、この学校はそういった凡人が、悪くともMARCH(明治、青山、立教等大学)レベルへ進めるように、鍛えてくれる。夢がふくらむ学校です。

 

●保護者の戦略

あと問題は、どうやって子供をトレーニングすべきか。

「受かったらラッキー」ぐらいの考えでは100%落ちる。

「何がなんでも合格するんだ。」と覚悟を決めないなら、合格など夢のまた夢。

覚悟を決めるのは、お子様ではありません。まず保護者です。小4や小5にそんな覚悟を求めるのは無理な話。まず保護者が覚悟決めて燃える。そしてその炎を、お子様にうつす。この順番以外ありません。ただ、間違っても「勉強しろ」とはまだ言わないでほしい。お母様の「笑顔」を忘れず、学校の素晴らしさを伝えてほしい。この学校には夢があること。将来、人の役に立つ人間って素敵であること。そういったことを、笑顔で語ってほしい。お母様が笑顔で学校のこと、子供の夢ある将来を語ることほど、子供をやる気にさせるものはないから。(余計な情報ですが、東大生のアンケート結果でも、親に勉強しろと言われた子がいないのが大多数。母親はいつも笑顔で中学受験の時、応援してくれていたとか・・・)

急がば回れ。いつも笑顔でいるなど、神でもない人間には無理。だからできる範囲で、やってみてほしい。くれぐれも完璧を目指さす、30%もできたら、自分をほめてあげてください。

そして具体的には、合格するために、「なにがお子様に不足しているのか?」 「何をやるべきなのか?」 

チェックリストをつくっていく。そして優先順位を決め、日々の行動にうつしていく。そして今日の行動に命をかけていく。優先順位の決め方の基本も覚えておいてほしい。今、やっていることが次にやることに影響を与えるような順にする。

最後に一番大切なことは、適切な指導者を探してほしい。

この塾で近くの方はみてあげたい。ただ、現在ほぼ満席になってしまっている。時間と曜日をこちらの都合に合わせてくださるならまだ、可能な時間帯もあると思います。よかったらご検討ください。体験授業だけでも受けて頂いて、先生を決めておいて下さったなら、空きができ次第、優先的に入塾していただくことも可能です。

近くにいらっしゃらない方のために、今、企画を考えています。楽しみにお待ちください。


最後にまた余計なひと言。多くの人が勘違いしている。だから、少し最後に伝えたい。

(以下作成中、本日、体験が4件入っているので、これから川崎に向かいます。10月27日)

さて、日は、変わって本日、11月3日。

ん~。

何を書きたかったか忘れた。ピーンチ!

でも、今、伝えたいことはいくらでもある。

ひとつは、子供も保護者様も、「わからない段階で判断をしすぎている」ってこと。

無駄なことをいう人が多すぎるのも原因の一つだろう。私は自身は、「学校の教師のいうこと」は全く信じていない。「無理だ」という人のこともまったく信じていない。

「できないことを前提に、できない理由を探している。」 敗北者の考え方た。そう信じれば、その通りになる。

そんなくだらない前提条件など吹き飛ばしてしまえばいい。

世の中は広い。教師や自分の前提条件など、狭い。そんな狭い世界で出来上がったちっぽけなものなど、ぶち壊して生きていくことにこそ、生きる楽しさがある。

私は中学2年まで、ゴミみたいな成績だった。でも高校入試の時、学校でただ一人、教師達が皆、無理だといっていた高校に合格した。先生のいうことなど信じたことなどない。自分の可能性だけを信じていた。それに、落ちたところでなんだというんだ。

人生がずっと続いていく。あきらめだらけの人生なんかうんざりだ。落ちたらまた、次のチャレンジをはじめればいい。それだけのこと。それだけのことをするだけで人生などいくらでも、輝いていく。合格(=成功)は簡単で難しい。難しいのは、やらないから。

人生で幸せになる方法はたぶん、ひとつだけ。どんどんやって動く。頭のなかで妄想していても何ひとつ変わらない。

いつもあなたの目の前には、二つの人生がある。ひとつはまだ見ぬ人生。そして、もう一つはあきらめの人生。選ぶのはあなた自身。

そして、公立中高一貫校の受験。

この川崎高校付属中に合格することは、簡単で難しい。
 

 

また、川崎市立川崎高校附属中の最新情報がでた際には、メルマガにて随時お伝え致します。
おそらく、配信は2~3ケ月に一度。登録してくれたら嬉しいので、役に立つ情報をきっとお届けます!
無料作文対策講座の制作も考えています。

メルマガ登録はこちらから

 


 

下記は、一般的な中高一貫校の入試の特徴です。

ご興味のある方は、あわせてご確認ください

 

公立中高一貫校対策がバッチリできます!

公立中高一貫校の適性検査では、私立中学受験に多く見られる「たくさんの知識をもっているか」を問う問題は少ない傾向です。
それよりも「知識を総合的に使いこなせる力」や、「自分の意見」を「相手にわかりやすく伝えられるか」を問う問題が多く見られます。
ライトハウスでは、こういった傾向を十分に踏まえ、志望校に応じたきめ細かい対策を行っております。
お子様は、受験日には、自信を持って試験に臨むことでしょう!

 

■国公立中高一貫校の入学者選抜における適性検査 とは!?

 

文部科学省の指導により、公立中高一貫校の入学者選抜においては学力検査(試験)を実施してはならないと定められている。

そのため、公立中高一貫校の多くでは一般の入学試験に変わるものとして「適性検査」が実施されている(そのため、受験ではなく受検と表記される)。「中高一貫教育校が受験準備に偏した教育を行う、いわゆる『受験エリート校』になったり、受験競争の低年齢化が生じるようなことは、教育改革に逆行するものであり、あってはならないこと」という考え方に基づくためである。

実施形式としてはいわゆるペーパーテスト方式であり、学力検査(試験)という名目を回避しながらも事実上入学志望者の学力を比較するものとの見方もある。

合格した児童の保護者の証言によると、公立中高一貫校の適性検査は家庭の生活の仕方全てが問われるという。

「子どもに問いかけて調べるきっかけをつくる」『家族全員で毎日「読書タイム」をつくってみる』「親子の交換日記や手紙を書く習慣をつける」といった事例が挙げられている。

 


■公立中高一貫校の適性検査での出題特徴 は!

 

●特定の値を解とする計算問題は出題されない。
●最終的な解よりも、解にいたる思考のプロセスが問われる傾向が顕著である。
●正解が一つに限られない問題がしばしば出題される。
●身の回りの現象への視点を問う問題が出題される。
●ある問題を考えるのに必要な知識・情報は原則としてグラフといった資料として提示される。
●直接的に知識の有無を問う問題(暗記問題)は出題されない。
●作文や面接では知識よりも、考え方や表現力を重視する。

 

さて、最後の最後まで、読んで下さりありがとうございました。
貴重なお時間を割いて下さり心から感謝致します。

本当のことをいうと、一応、塾長だから営業はしておりますが、どこで勉強しても、受かる子は受かります。
ただ、受ける前に、あきらめないで下さいね。
仮に努力して受験したって、そりゃ、落ちることもあります。

私の人生なんて、落ちてばかり(+_+)
でも、いいんです。毎日、楽しいです。

私はこう考えているから。

挑戦してダメだったことは失敗ではないから。

失敗とは、何もしないこと。

そして、何かに挑戦し続けること。前に向かって新しい一歩を歩き続けること。
その先にだけ、なにか、素敵なことが待っています。

そう、いつも、あなたの目の前にある真実は唯一つだけです。

無限の可能性だけが真実です。

 

資料のご請求、各種お申込み・お問い合わせは 0120-125-011